So-net無料ブログ作成

建長寺の歴史的背景 [歴史]

巨福山建長興国禅寺は、鎌倉五山第一位の臨済宗・建長寺派の大本山です。北条時頼が、建長五年(1253)に宗から来日していた高僧・蘭渓道隆を招いて建立したわが国最初の禅寺。

建長寺の創建当時の伽藍配置は,総門、三門、仏殿、法堂などの主な7つの建物が中軸上に並ぶ中国の禅宗様式の伽藍配置になっており49の塔頭(小寺院)を有する大陸的な荘厳なものでした。その後,14,15世紀に起こった数度の火災で,その多くが焼失してしまったが江戸時代に入り,高名な沢庵和尚の進言で再建された。

鐘楼の右奥にある禅堂では、蘭渓道隆が宋から伝えた厳しい禅風が脈々と受け継がれ、現在も厳しい修行が行われている。蘭渓道隆は後宇多天皇から大覚禅師の称号をおくられたが、これは日本最初の禅師号である。

蘭渓道隆の死後も建長寺は北条氏、足利氏に保護され隆盛を誇った。とりわけ,この寺を建立した北条時頼は、建長寺を建立した後も、大覚禅師(蘭渓道隆)などに師事し禅宗を深く信仰し、経済的にも寺を支え,信仰者として禅宗を全国へ広めた。


nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。